コーヒーコース

カフェ文化を常に牽引する、コーヒーのプロフェッショナルを目指すための専門スキルを修得。 プロの経験に裏付けされた知識と現場仕様の設備・マシンを使った本格的な実習でバリスタの資格、ロースト・ドリップ技術を6ヶ月短期集中で修得。

開講コース一覧
※一部抜粋

・コーヒーロースト&ドリップコース(3ヶ月or6ヶ月/日 週1通学)
・JBAバリスタライセンスコース(6ヶ月/日 週1通学)
・コーヒースペシャリストコース(6ヶ月/日 週1通学)

コースカリキュラム概要

抽出、焙煎、ラテアートなど高度な技術が求められるコーヒー分野の専門知識と技術トレーニング、店舗オペレーションを学びます。
知識と実習を織り交ぜながらプロ仕様の本格設備とJBAとの連携でコーヒースペシャリストを目指すコースです。

カフェ・コーヒーコースに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら

卒業生の声

バリスタとして転職しました!

黒上 咲紀さん
■inc&sons
大阪市中央区淡路町2-3-12 CBM BLD. B1F 06-6228-1114
http://www.inc-sons.com/

バリスタを志したきっかけは?
アルバイトで勤めた店舗で、初めて見たラテアートに衝撃を受けたことです!すごくキラキラして見えたのが今も印象に残っています。

通学してよかったと思うことは?
普段出会うことのないプロの講師や、たくさんの同じ志を持った仲間に出会えたことです。個々での出会いは一生の宝物です。

バリスタとして働く上で気をつけていることは?
お客様をあたたかく迎え入れ、気持ちよく送り出すことです。技術、サービス含め「おもてなしのプロ」になることが今後の目標です。

在校生の声

経営者から店舗経営を学べるのが、大学との違い。

澤野 華菜 さん

私にとってカフェは、家よりも落ち着ける場所。将来的にそんなお店を開きたいという夢があるため、大学に通いながら週一でカフェコースに通っています。バンタンを選んだ理由は、なんといっても実技の多さと店舗経営について学べるところ。大学の授業では知りえないことがたくさんあります。実際の経営者から経営を学ぶことは、就職活動で大きなアピールポイントになると思います。

ひとくちメモ

{自分らしいカフェ開業のために}

{ カフェ開業資金 }

一般的に店舗面積10坪程度で500〜1,000万円のカフェ開業資金が必要と言われます。ただし、これはあくまでも本などに掲載されている金額。工夫しだいで200万円台からでも自分サイズのカフェを開くことが可能です。低予算でカフェ開業するには一番お金がかかる家賃や内装費、設備費をいかに削れるかがポイント。自分の作りたいカフェの立地と面積のイメージを持つことがとても重要です。

{ 立地 }

立地は一等地・住宅地・郊外の3つに分かれます。立地は経営が成り立つかにも大きく関係してきます。それだけに時間をかけて慎重に物件探しを進める必要があります。単純に「駅に近い」「人が多い」と言ったことよりも自分のお店がターゲットとする客層が周辺にどれだけ住んでいて、利用してもらえるかがポイントです。焦らず楽しみながら、探しましょう。

{ カフェ開業準備期間 }

カフェ開業までにかかる期間は最短で3〜6ヶ月間です。ただし、この期間はやりたいことが全て決まっている状態。カフェ開業の準備は早いことに越したことはありません。前述の立地を例にあげると、お店にあったターゲットがいる立地を探すだけでも相当の時間を要します。少なくても2〜3年は余裕を見てのカフェ開業準備がポイントです。

コーヒーコースイベント案内

ガイダンス
バリスタ業界スクールガイダンス
体験
バリスタドリンク体験

カフェ・コーヒーコースに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら