カフェコース/カフェ速習コース

カフェ経営の全てを学び、夢のカフェ開業を実現する。

「調理・ドリンク」「経営ノウハウ」「開業計画」などカフェ経営に必要な知識や技術を網羅します。
プロから学ぶ実践的なカリキュラムで、将来カフェを開業する際、タイミングを逃さないようにしっかり準備することができます。
修了後のサポートも充実しており、多くの開業実績を誇ります。

カフェフード

実践メニューの製作を通じて、調理スキルから仕込み、保存方法までを学ぶ。

制作アイテム例

特製サンド/ミネストローネ/クラムチャウダー/グリーンサラダ/冷製スープ/アマトリチャーナ/ふわふわオムライス/煮込みハンバーグ/カルボナーラ/ドリア/キッシュ/ガレット/ロコモコ/ビーフシチュー/ナシゴレン/特製カレー/ニョッキ/野菜のおひたし/小鉢数種/ピッツァマルゲリータ/鶏のローストハーブ添え/和カフェ丼アクアパッツァ/魚のムニエル/パエリア/ガトーショコラ/チーズケーキ/季節のタルト

カフェドリンク

コーヒー、紅茶、ソフトドリンクからアルコールまで、多様なニーズに対応。

制作アイテム例

ドリップコーヒー/サイフォンコーヒー/ラテアート/カフェアメリカーノ/エスプレッソコーヒー/紅茶/チャイ/マキアート/アイスコーヒー/フレーバーティー/自家製レモネード/ジンジャーエール/グリーンスムージー/ハーブティー/サングリア/モヒート

ショッププランニング

開業計画・店舗運営ノウハウを習得し、長く愛されるカフェをつくる。

制作アイテム例

コンセプトシート/損益計算書/内観パース/オリジナル開業計画書/立地調査書/販売促進計画書/メニュープランニングシート

カフェ・コーヒーコースに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら

カフェ速習コース

修了後すぐの開業に対応!
通常1年を要するカリキュラムを、平日週2回の通学により6ヶ月で習得します。飲食業界未経験からカフェのオーナーを目指すことのできるコースです。カフェ開業に必要な実践スキルを学ぶのはもちろん、店舗実習やインターンシップなど現場トレーニングが充実しているのもカフェ速習コースの特長です。学校生活を通して、今まで踏み切れなかったカフェ開業へのステップを本格的に考えていくことができます。

習得項目

未経験からの開業を目指すための基本を学び、修了までに自身の開業計画書を作成します。これにより、修了後すぐの開業が可能になります。

習得ポイント

1. 現役オーナーより実体験に基づく開業ノウハウを学び、受講生一人ひとりの開業計画書を完成させる。
2. 開業計画に基づき、商品として安定したフードメニューの立案・作成ができる。
3. 客単価を上げる付加価値のあるドリンクメニューを作成できる。

取得可能な資格

食品衛生責任者(受験料別途)
飲食店を開業する際に、必要不可欠な資格。講習会を受講し、筆記試験を受験します。

卒業生の声

漠然とした開業への思いをカタチにすることが出来ました!

蛸の枕 山田 朋美 さん

開業を意識し始めたのいつ頃?
漠然と、開業出来たらなという思いはありましたが、しっかりと意識を持ったのは、学校に通い始めてからのことです。開業に必要な調理と経営を学ぶことで、イメージを具体的に見い出していくことが出来ました!

クラスの雰囲気は?
全く異なる経歴や感性をもったクラスメイトと過ごす時間はとても刺激的で、週1度の授業を満喫していました。卒業した今もその関係は続いていますが、大切な関係を築くことが出来たと思います!

お店の今後のイメージは?
店名の「蛸の枕」は体に花びら模様を描く海の生き物“タコノマクラ”に因んでいます。タコノマクラのように、自然にあるがままに、より地域になじむお店へと変化させていきたいと思っています。

在校生の声

プロに教わる理論で、自信が持てました。

宇梶 由里子 さん

現場に立つプロの目線で「なぜその方法で作ると、料理が美味しくなるのか?」を理論的に学べるところが、他の学校とは大きく違うところだと思います。入学と同時に、自分の料理教室を立ち上げたのですが、生徒さんに対しても理論的に自信を持って指導できています。バンタンの先生方は授業中にも常に巡回して声をかけて下さるので、気軽に質問できる環境に感謝しています。

ひとくちメモ

{自分らしいカフェ開業のために}

{ カフェ開業資金 }

一般的に店舗面積10坪程度で500~1,000万円のカフェ開業資金が必要と言われます。ただし、これはあくまでも本などに掲載されている金額。工夫しだいで200万円台からでも自分サイズのカフェを開くことが可能です。低予算でカフェ開業するには一番お金がかかる家賃や内装費、設備費をいかに削れるかがポイント。自分の作りたいカフェの立地と面積のイメージを持つことがとても重要です。

{ 立地 }

立地は一等地・住宅地・郊外の3つに分かれます。立地は経営が成り立つかにも大きく関係してきます。それだけに時間をかけて慎重に物件探しを進める必要があります。単純に「駅に近い」「人が多い」と言ったことよりも自分のお店がターゲットとする客層が周辺にどれだけ住んでいて、利用してもらえるかがポイントです。焦らず楽しみながら、探しましょう。

{ カフェ開業準備期間 }

カフェ開業までにかかる期間は最短で3~6ヶ月間です。ただし、この期間はやりたいことが全て決まっている状態。カフェ開業の準備は早いことに越したことはありません。前述の立地を例にあげると、お店にあったターゲットがいる立地を探すだけでも相当の時間を要します。少なくても2~3年は余裕を見てのカフェ開業準備がポイントです。

カフェコースイベント案内

ガイダンス
初めてのカフェ開業スクールガイダンス
体験
カフェドリンク体験

カフェ・コーヒーコースに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら