ビストロ&バルコース

お酒の似合うこだわり空間をつくる

「お酒を飲む空間が好き」そんな気持ちからビストロやバルの開業を目指してみませんか。
業界経験ゼロからの飲食店開業は、土台となる開業計画書作成ノウハウや調理スキルが欠かせません。身につけたスキルをどう形にしていくのか、その実施方法までを修得していきます。

開講コース一覧
※一部抜粋

・ビストロ&バルトライアルコース(3ヶ月/土 週1通学)
・ビストロ&バルベーシックコース(6ヶ月/土 週1通学)
・ビストロ&バルエキスパートコース(9ヶ月/土 週1通学)
・ビストロ&バルオーナーコース(1年/土 週1通学)

コースカリキュラム概要

アルコールを扱うビストロ/バル業態での開業を目指したコースの組合せからニーズやライフスタイルに合わせて通学しやすい組合せや単科受講、3ヶ月からの受講や3ヶ月ごとの延長が可能です。
1年コースの最後の3ケ月は 店舗型教室を使用した1日店舗営業シミュレーションにより、実際の開店時に備えた実践トレーニングを実施します。

フード調理総合

オードブルからデセール、カジュアルランチから本格フレンチメニューの製作を通して調理スキルと食材の仕入れ、仕込み、保存方法までを学ぶ。

制作アイテム例

ヴィネグレットソース/アクアパッツァ/バーニャカウダソース/エスカベッシュ/オリーブフォカッチャ/グルメポテトサラダ/アマトリチャーナ/ピッツァ/カルボナーラ/アヒージョ/ボロネーゼ/ニョッキ/フリット/タパスバリエーション/手打ちパスタ/鶏のハーブロースト/ティラミス/ハンバーグステーキ/クレームブリュレ/仔牛のロースト/パンナコッタ/ラタトゥイユ/トリッパ/魚のムニエル/ラザニア/テリーヌ/キッシュ/カスエラ/バースデープレート/パエリア

アルコールメニュー

ワインやカクテル、クラフトビールなどのアルコール専門知識を中心に、オリジナルドリンクの制作までを習得する。

制作アイテム例

赤白ワイン/モヒート/ソルティードック/スクリュードライバー/モスコミュール/ギムレット/スプモーニ/チャイナブルー/ノンアルコールカクテル

ショッププランニング

開業計画・店舗運営ノウハウを習得し、個性あふれ永く愛される店舗をつくる。

制作アイテム例

イメージボード/コンセプトシート(メニュー、インテリア、サービス)/厨房設備とレイアウト/開業計画書

ビストロ&バルに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら

卒業生の声

テリーヌの専門店をやっています。

森田 幸浩さん
■vin voyage
大阪市中央区谷町7-1-34 Y‘sパレス谷町1F 06-7172-7669

食に興味をもったのはいつ頃?
気がつけば、、という感じです(笑)。友人同士で旅行に行く時でも、雑誌を見てお店を決めるなどこだわりはありましたね!

学校で学んだことで今に直結していることは?
店舗実習がすごく印象に残っていますね!クラス内コンペで「パスタランチ」を作りました。授業は私の料理の“基礎”になっています。

開業してやりがいを感じる部分は?
全てにおいて感じますね。前職に比べ安定や保証はないですが、いい意味で自由です。お金の面でなく、人とのつながりができたことが何よりの財産です。

在校生の声

普通では出会えないクラスメイトが刺激になる。

涌井 まり子 さん

将来自分のお店を開きたくて、料理やお酒の作り方からお店の経営まで幅広く学べるバンタンへ入学しました。クラスの仲間は、主婦をしていたら出会えなかった人たちばかり。学校で再び何かを学ぶということに最初は勇気がいりましたが、今は新鮮な刺激を日々楽しんでいます。お酒の飲めない人も気軽に寄れて楽しめるお店をつくれないかと計画中です。

ひとくちメモ

{ビストロ・バルって何?}

{ ビストロ }

元々の語源はカフェや小さいレストランを意味し、日本でいうところのレストランと居酒屋の間といったイメージ。フランス・パリで登場しワインを提供したり、地方の料理を提供したり、大衆的な雰囲気で気軽に楽しむ形態のお店。

{ バル }

「Bar(バー)」のスペイン語読み。酒場・居酒屋といったお酒を中心に提供する飲食店を指す。居酒屋といっても夜の営業だけではなく、朝はコーヒーが飲めたり、朝も夜も楽しめる立ち飲み屋といった感じ。

ビストロ&バルコースイベント案内

ガイダンス
ビストロバル開業ガイダンス
セミナー
プロの料理&ドリンク体験

ビストロ&バルに興味がある方に。
さらに詳しいスクールの特長はパンフレットに
記載しています。お気軽にお問い合わせください。

無料でお届け 資料請求はこちら